ご希望の温泉・スパ[健康ランド]情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探
温泉・スパ[健康ランド]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

スパ[健康ランド]情報(冬)

冬のスパ[健康ランド]情報



手軽に家族で行くことのできるスパ施設。寒い冬は遠くの温泉地へ行かなくても様々なお風呂を楽しむことができるので、ぜひ利用したいもの。そして、冬には冬なりのスパ施設の有効な利用方法があることを忘れてはなりません。

ホカホカが長持ち!冬の入浴ポイント

ホカホカが長持ち!冬の入浴ポイント

冬のスパ施設で温まっても、すぐに冷えてしまっては効果が半減してしまいます。そのために、ホカホカした温かさが身体の中で長時間持続するような入浴法を取ることが大切になります。

まずシャワーで身体を洗う際には、いきなり身体の真ん中にお湯をかけるのではなく、足先などの末端部分からしっかりと温めていきましょう。つま先から脚、腹部、手の指先から腕、胸、という順番で温めることにより、身体の芯から温めることができます。また髪を洗ったあとは、タオルなどで頭を巻くこともポイントです。スパ施設でのマナーとして「身体を洗ったタオルなどを浴槽に入れない」ことも大切ですが、ここでは頭部を冷やさないことと髪を洗った水分が垂れて冷たく感じることを防ぐことが重要。そして浴槽につかる際には、いきなりドボンと入るのではなく、足先から徐々に入っていくことをお勧めします。

このようにして、少々手間暇かけた入浴方法を実践することによって、身体が中までゆっくりとじっくりと、確実に温めることができます。特に温泉成分が入っているスパ施設での入浴では、温泉の効能を身体内にじんわりと入れるようにすることが大切なポイントです。

冬のサウナは週2回

私たちの身体には日常生活を過ごしていく中で、体内に老廃物が溜まっていきます。便や尿で排出することはもちろんですが、見逃すことのできない老廃物排出機能が、発汗なのです。つまり汗をかくことによって新陳代謝が促進され、老廃物などのいわゆる毒素が体外へと排出されます。これは「デトックス」という呼び方としても知られています。

当然、夏に比べて冬は汗をかく機会がぐんと減ります。そのため、発汗によって老廃物を排出するのに有効なのが運動です。ジョギングやウォーキングなどでも一定時間続けることによって冬場でも多量の汗をかくことができます。しかし、長続きさせることが難しいと悩む人も多いのではないでしょうか。

そこでお勧めなのがサウナです。高温のサウナに入り、たくさんの汗をかくことで冬場でも発汗による老廃物排出効果が期待できます。

冬のサウナのポイントは、水風呂と交互に入ることです。そうすることによって皮膚に適度な刺激を与えられ丈夫に保つことができます。1回の入浴につきサウナには10分入り、水風呂には1分入ることを3回程度行ない、身体や頭髪などを洗う時間を含めて2時間程度の長風呂により身体を温めると、発汗に効果的であると言われています。また、身体を発汗させやすい状態に保つためには、週2回のサウナをお勧めします。サウナは意外と体力を消耗する一面も持っているため、毎日続けることが意外と難しいこともその理由にあります。

湯上がりビールはあり?なし?

寒い冬、スパ施設で入浴して、身体がホカホカしているところへキーンと冷えたビールをグイッ!これがたまらなくおいしく感じられることから、真夏に飲むビールも良いけど真冬の湯上がりビールは欠かせない、という人も多いのではないでしょうか。

また逆に、湯上がりのビールは、ひょっとしたら身体に悪いことなのではないのか、と思っていらっしゃる人もいるのではないでしょうか。

結論から言えば、入浴後30分程度休憩をとったあとであれば、ビールを飲んでも大丈夫です。入浴は身体を温め、血行を促進する効果をもたらしますが、入浴後すぐにアルコールを摂取すると血行促進が働くため、同時に二つの血行促進が働くことは身体にとってあまり好ましくありません。そのために入浴後にビールを飲むときは、休憩をとって入浴による血行促進力が落ち着いたあとに飲むことをお勧めします。また、ビールを飲むと消化器の働きが活発化するため、その後に食事をすることには理にかなっていると言えます。ただし、当然ながら飲み過ぎには注意が必要です。

その一方、飲酒しながらの入浴や飲酒後の入浴は、血圧が急上昇することによって脳貧血や不整脈などの危険性が高まります。特に泥酔した状態での入浴は血圧の問題の他、足が滑りやすくなるなどによって起きる事故も予想されます。くれぐれも注意が必要です。

ロード中
ロード中
ロード中

冬になると寒さからあまり動かなくなり、代謝も悪くなりがちです。そんなときは、手軽に温浴効果が期待できるスパ施設がおすすめです。じっくりと温まって全身から汗を流せば、血行も良くなり、気分もリフレッシュできます。お得に通いたい人は回数券を利用したり、マッサージを利用するのもオススメです。

ミストサウナ

ミストサウナ

最近は、スパ施設でも「ミストサウナ」を設置しているところがあります。通常のサウナだと、いきなり高温の室内に入るので、心臓や血液への負担が高く、血圧や心拍数が急激に上がるので、体の負担も大きくなりますが、霧によって湿度を高めたミストサウナは、普通のサウナと比べて湿度は高いものの、気温は40℃前後とお風呂の湯温と同じくらいなので、熱が伝わりやすく体への負担も少なくてすみます。全身浴と比べても、毛穴がより開くため、体内の毒素が流れやすくなったり、水圧を受けないので血圧や脈拍の変動が少ないなどの効果があります。また、全身浴では体を湯船に浸かっても頭までは浸かりませんが、ミストサウナなら全身の毛穴が開くので、頭皮の皮脂も流れだし、毛穴の詰まりも予防することができます。

こうした発汗・洗浄効果以外にも、保温効果、リラックス効果などもあり、ミストによって肌の潤いも保たれることから、女性には特におすすめです。乾燥肌や冷え性の人は、ぜひ試してみましょう。

回数券でお得に利用しよう

お風呂は、芯まで冷えた体を温めるだけでなく、固まった筋肉をほぐしてくれ、体のいろいろな悩みを解消してくれます。こうした効果は1日だけではなかなか現れませんが、数日間続けることで次第に現れてきます。このことから、スパ施設や日帰り温泉を湯治感覚で利用している人も多くいます。

スパ施設や日帰り温泉に通う場合は、回数券を利用すると便利でお得です。回数券は、多くのスパ施設で取り扱っており、券売機にわざわざ並ばなくても、そのまま受付に直行できるので混雑時でもスムーズに入ることができます。しかも、回数券は通常より1回当たりの入浴料が安く設定されているので割安感もあります。また、一人で利用するだけでなく、家族や友だちと入る時は全員にも使えるので、リーズナブルに入浴できます。日帰り温泉によっては、同じグループや系列店などで共通利用ができるものもありますので、気分を変えて他のスパ施設を利用したい場合にも便利です。施設によっては、回数券の特売キャンペーンを実施するところもありますので、そうした機会に買っておけば、より安く利用することができるでしょう。

湯上がりマッサージでリラックス

温かいお風呂に浸かったあとは、共有スペースでクールダウンをするのも良いですが、もっとリラクゼーションを高めるにはマッサージもオススメ。スパ施設には、たいていマッサージルームやリラクゼーションルームがあり、有料で体をマッサージしてくれます。冬は寒さから筋肉が硬くなりやすく、肩こりや腰痛も多くなります。入浴によって血行が促され、筋肉の緊張もほぐれたときにマッサージを受けると、さらに緊張が緩み、効果があるとされています。中にはあまりの心地良さに、ついうとうとしてしまう人もいるほどです。ツボを刺激するタイプのマッサージは、体の疲れを十分に和らげてくれる上、気分もスッキリします。

また、入浴後だけでなく、入浴前にマッサージを受けても効果があります。入浴前にリンパをマッサージすると、リンパの滞りがなくなり、その後に入浴すると代謝を促し、疲労物質や老廃物が排出されやすくなります。

スパ施設をうまく利用して、一年間に溜まった心身の疲れを労いましょう。


温かいお風呂は疲れを癒してくれるだけでなく、健康の増進にも繋がります。寒い日が続く冬は、入浴効果で代謝を促進し、心身ともに元気にしてくれます。その一方で、気を付けたいのがヒートショックです。これは寒暖の差が激しくなることで起きるため、持病を持っている人や高齢者には要注意です。

血行促進で代謝を活発に

血行促進で代謝を活発に

冬は気温も下がり、体が冷えやすい時季です。寒い時季こそ入浴が健康維持に大きな効果をもたらします。体が冷えると血行が悪くなり、様々な症状を引き起こします。冷え性やむくみなどは代表的な症状で、この他に腰痛や肩こりなどが現れる人もいます。寒い季節は汗をかくことが少なくなるため、血行が悪くなる上に体内に毒素がたまりやすくなり、それらが様々な症状の原因となります。入浴によって汗をかくことで、血行を促進し代謝を活発にすることで、これらの症状が緩和したり、改善される場合があります。

手足にしもやけができるのも、血行不良が原因とされています。気温と皮膚の表面温度の差が激しい時がしもやけになりやすく、ジンジンした感覚に襲われます。さらに、しもやけのまま肌が乾燥すると、皮膚の角質層に亀裂が入り、ひびやあかぎれになってしまいます。特に、雪などで手袋や靴下を濡れた状態で長く身に付けておくと、皮膚表面の熱を奪ってしもやけになりやすいため、早く取り替えて体を温める必要があります。女性のハイヒールも爪先が圧迫されて血行不良を起こすので、要注意です。

しもやけの治療法のひとつに40℃くらいのお湯と冷水に患部を交互につける方法があります。お湯につけることで血管を膨張させ、血液の流れを良くします。また、冷水は反対に血管を収縮して血行に刺激を与えます。スパ施設では温水も冷水もあるので、しもやけの治療に最適です。

これ以外にも、湯船にゆっくり浸かることでリラックス効果が現れ、ストレスも発散できて心身ともにリフレッシュできます。

ヒートショックにご注意

ヒートショックにご注意

寒い日に温かいお風呂に入ると気分もリラックスでき、とても気持ちが良いものです。しかし、冬の入浴はヒートショックを起こしやすく、注意が必要です。「ヒートショック」とは、短時間のうちに急激な温度変化によって、血圧が急激に上昇や下降を起こし、心臓などへ負担をかけることです。暖房の効いた居間から寒い脱衣所や浴室を経て、熱い湯船に入るという動きによって、血圧も上がったり下がったりします。この激しい温度差が危険な病気を引き起こす恐れがあります。血圧が急激に上昇すると、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などを起こしやすく、ときには死に至るケースもあります。反対に、急激に低下すると、脳貧血を起こしてめまいを覚えたり、溺れたりする危険性があります。

ヒートショックは、高齢者であったり高血圧や糖尿病の病気をもつ人、動脈硬化のある人ほど影響を受けやすいとされています。この他にも、肥満体型の人や睡眠時無呼吸症候群、不整脈がある人なども影響を受けやすいと言われています。

ヒートショックを未然に防ぐには、居間と脱衣所・浴室の温度差があまりないようにしておくことが大切です。例えば、脱衣所に暖房器具を設置して、入浴前に脱衣所を暖めておいたり、脱衣所で服を脱ぐ前に浴室の床や壁にシャワーでお湯をかけたりして、浴室を暖めておくと良いでしょう。また、湯船に入る前に、手や足といった末端の部分からかけ湯をして徐々に体を温めていき、ぬるめの湯加減でじんわり体を温めるのがいいようです。

スパ施設では、脱衣所も暖房で暖められているので、室内でヒートショックになることは考えられませんが、露天風呂など屋外へ出たり、冷気に当たったりするとヒートショックを引き起こす可能性があります。

自分の体に配慮して、くつろぎのバスタイムを満喫しましょう。