ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • ラドン
    らどん

    「ラドン」とは、地中の放射線ウランが、放射線を出して変化する過程でできる、放射性のガスのこと。「ラドン」は、脂肪に溶けやすく、皮膚を通して体内に取り込まれることが特徴。皮膚からの「ラドン」の吸収量は、入浴中の湯の温度が高い程、また皮膚の血流量が多い程増加する。体内に吸収された「ラドン」は、血液に入って全身を回り、脂肪が多い副腎皮質、脾臓、皮下脂肪、赤血球などに多く集結。そのため、特に副腎皮質や脳下垂体の機能を強めると言われている。「ラドン」温泉は、放射能泉に分類され、関節リウマチや運動器疾患系の痛みを和らげる効果があるとされているが、これは、「ラドン」が特に脂質の多い神経に作用するため。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る