ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • 湯もみ
    ゆもみ

    「湯もみ」とは、木の板を使い、温泉の湯をかき回すこと。温泉の源泉は、熱い所では約90℃もあり、そのまま入浴することができないことが多い。そのため、成分を薄めずに源泉の温度を下げるために「湯もみ」を行なう。著名なのは群馬県“草津温泉”で、“草津良いとこ一度はおいで”で始まる「湯もみ唄」も同様に有名。草津のお湯は非常に高温であるため、古くから「湯もみ」をしている。大きな旅館やホテルでは、順次熱い湯、やや熱い湯、ぬるい湯になって流れていくよう、浴槽の仕組みを作っている所もある。これは、源泉から引いている湯の成分が、常に新しいお湯とともに浴槽へ運ばれており、その温泉効果が維持されているということである。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る