ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • 湯の華
    ゆのはな

    「湯の華」とは、温泉中の成分が析出、または沈殿した物のこと。湯の中で、粒子状あるいは糸状になり、浴槽の底に沈み湯の中を漂う、あるいは壁や湯口などに付着していることが多い。源泉の泉質ごとにより成分が異なるが、硫黄泉、塩類泉に多く見られ、主に硫黄、カルシウム、アルミニウム、マグネシウム、鉄などを含有。「湯の華」を集めて包装した物は、土産物の定番。入浴剤として用いる場合、単体の硫黄や硫化物を含む「湯の華」は、風呂釜を傷めることもある。また、炭酸カルシウムや硫酸ナトリウム、硫酸カルシウムなどを主成分とする「湯の華」は、腐食性が低い。追い炊き機能のある浴槽で、「湯の華」を使用する場合は、「湯の華」の成分を事前に確認することが必要。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る