ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • 湯桶
    ゆおけ

    「湯桶」とは、入浴や洗面用で、湯を入れる桶のこと。一般的な「湯桶」は、入浴や洗面のために用いる平たい円筒形の容器を指す。 日本では、伝統的な木製の物を指すが、入浴のための湯を入れる桶であれば、すべてが「湯桶」であり、金属製、陶器製、合成樹脂製など、素材も様々。日本伝統の物で柄がついた小さめの木製湯桶は、“片手湯桶(かたてゆおけ)”と言う。木製湯桶は、椹(さわら)や檜葉(ひば)などの木材で作られ、銅やステンレスなどの金属製の箍(たが)で固定されている。「湯桶」は、石けんカスや皮脂、水道水に含まれるミネラル成分が結合した、いわゆる湯垢がこびりつくことが多い。汚れがつきにくく、掃除がしやすい「湯桶」が多種存在。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る