ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • 湧出量
    ゆうしゅつりょう

    「湧出量」とは、1分間に採取できる湯量のこと。「湧出量」は、自然に湧き出る量、掘削した量、ポンプなどで汲み上げている量のすべてを合計した物。「湧出量」と言う言葉は、地下水、原油、天然ガスなどにも使用。「湧出量」が多ければ多い程、湯量が豊富なことになるが、温泉地の地形、源泉数、源泉の形式などによって左右される。浴用における源泉の利用形式は、「湧出量」や、源泉の温度により、掛け流しにする、加水あるいは循環式を採用するなど、快適に入浴できるよう工夫。「湧出量」の多さを誇る大分県の「別府温泉」は、明治時代に掘削技術を確立。多数の源泉を開発し、浴用のみならず、医療、栽培、養殖、地熱発電など様々な産業に利用している。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る