ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • 湯あたり
    ゆあたり

    「湯あたり」とは、温泉療法を行なったあと、2〜7日目くらいの期間に体調異常の症状が出ること。具体的には、湯治(温泉療法)を始め、当該期間中に全身疲労や発熱、下痢や嘔吐などの症状が出ることを言うが、こういった症状が出ることは、必ずしも悪いことばかりではない。温泉に体が慣れるまでに自然に現れる症状であり、温泉の効果が現れたために起こることもある。しかし、温泉が体質に合わない場合も発症。例えば、高温の湯に浸かった場合は、心臓などの循環器に負担がかかり「湯あたり」を引き起こす。また、食後や運動直後に入った場合や、もともと持病がある場合などに「湯あたり」を起こしやすい。「湯あたり」を防ぐには、十分なかけ湯をし、徐々に湯に慣らしていくことが大切。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る