ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • 慢性婦人疾患
    まんせいふじんしっかん

    「慢性婦人疾患」とは、慢性的な婦人病のこと。婦人病は、女性特有の病気の総称で、子宮や生理、妊娠といった女性特有の機能などと関係がある病気のことを言う。特に、ホルモンバランスの不調からくる生理不順、あるいは、乳がん、子宮がんといった長期的な症状に悩まされる病気などが「慢性婦人疾患」に挙げられる。生理のトラブルは不規則な生活、ストレス、バランスの悪い食生活などの影響もあるが、“冷え性”が原因のケースも多い。そこで、効果的なのは温泉に浸かり、体を温めること。例えば、血行促進効果が高く、湯冷めしにくい“塩化物泉”は、体を温める働きがある。婦人病対策としては、“運動浴”を取り入れ、温泉の中で“歩行湯”をすることも良い。血行が良くなり冷え性予防にもつながる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る