ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • 放射線ホルミシス効果
    ほうしゃせんほるみしすこうか

    「放射線ホルミシス効果」とは、適度な量の放射能の短時間照射による有益な作用のこと。放射能温泉とは、ラジウムやラドンなどの微量の放射性元素を含む温泉。放射能温泉には、痛風、動脈硬化症、高血圧症、慢性胆のう炎、慢性皮膚病などに多くの効能があり、一般的に放射能温泉は体に良いとされている。特に「放射線ホルミシス効果」は、様々な病気の原因になっている活性酸素を減らすために有効。その理由は、放射能の強さ(放射腺量)にある。放射能はたくさん浴びると身体に悪影響を及ぼすが、適度な量(微弱)ならば体に害はなく、むしろ微弱な放射能の短時間照射は免疫細胞を活性化させるなど、よい効果をもたらすと言われている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る