ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • 非火山性温泉-深層地下水型
    ひかざんせいおんせんしんそうちかすいがた

    「非火山性温泉-深層地下水型」とは、降水などが地下にしみ込み、地下水の流れを作り、それが地下増温率による地熱や高温岩帯を熱源として温められて発生した温泉のこと。地下では、地温は深度が深くなる程に上昇し、100mごとに約3℃ずつ上昇する。これを“地下増温率”と呼ぶ。例えば、地表の温度が15℃とすると、地下増温率によって地下1,000mの地温は45℃、1,500mでは60℃となる。このため、降水の一部分が地下にしみ込んでできた地下水が、マグマが冷えて固まり地熱で高温になった岩石や、熱源を地下増温率や高温岩帯として温められ、温泉となった物が「非火山性温泉-深層地下水型」と考えられている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る