ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • 野湯
    のゆ、やとう

    「野湯」とは、自然の中にあり自噴する温泉で、なおかつその源泉を商業的に利用する施設が存在しない場所のこと。「野湯」には敷居などもなく、温度の調節は困難。形態は様々で、地元自治会や愛好家が定期的に手入れを行なっている所や、利用者自身がシート、土嚢、ショベルなどを用意して行かなければならないところもある。一部の「野湯」は硫化水素ガスなどの火山ガス発生地帯のため、入浴に生命の危険を伴う場所や、自然保護の観点から所有者の許可が必要などの理由により立ち入り禁止となっている場合がある。山奥や岬の突端など交通の便が悪く人の往来に乏しい場所に隠れるように存在する穴場的な温泉地のことを秘湯と呼ぶが、「野湯」の多くも秘湯に分類される。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る