ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • 入湯税
    にゅうとうぜい

    「入湯税」とは、鉱泉浴場が所在する市区町村が、入浴者から徴収する税金のこと。“地方税法”に定められている“目的税”で、市区町村が、温泉や鉱泉の入湯客から徴収。温泉旅館や温泉のあるホテルに宿泊する場合は、「入湯税」を宿泊料金と一緒に支払うのが一般的。納められた税金は、温泉に関する環境衛生施設の整備や、鉱泉源の保護管理施設、及び消防施設その他消防活動に必要な施設の整備、観光の振興、及び観光施設の整備などに充てられる。「入湯税」の徴収は、“特別徴収の方法による”となっており、鉱泉浴場の経営者などを、市区町村の条例の定めるところにより、“特別徴収義務者”に指定。この経営者などが、入湯客から税額を徴収し、市役所や区町村役場などに納める。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る