ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • にごり湯
    にごりゆ

    「にごり湯」とは、温泉成分によって不透明になっている温泉のこと。ひとくちに、「にごり湯」と言っても、乳白色、茶褐色といった物から、エメラルドグリーンや黒色など様々。温泉の湧出時に無色透明でも、地表に湧出してから、気圧の変化や温泉成分の酸化などによって、色が生じることもある。例えば、乳白色系の「にごり湯」は、硫黄成分が酸化してできた“湯の花”による色。効能は、神経痛などの一般的な適応症の他に、高い美肌効果。鮮やかな緑色をした「にごり湯」の色の正体は藻の一種。藻が光合成をすることにより、緑色の湯になるのである。また、重曹や硫化水素の成分が、肌によくなじむ茶褐色の温泉は、成分の鉄が空気に触れ、酸化するため。これは“鉄鉱泉”と呼ばれる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る