ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • 手湯
    てゆ

    「手湯」とは、手の一部を湯に浸けて、体の外側から熱を取り入れ、熱のめぐりを改善する方法のこと。手足を温めると、全身浴や半身浴と同じくらい全身が温まると言われている。さらに、第二の脳と言われる手を温めることで、脳を活性化。血行を促進し、肩こり、頭痛、鼻づまり等を改善し、手肌のひびやしもやけの症状も緩和。その上、温泉の湯で「手湯」することにより、温泉の効能との相乗効果にも期待できる。「手湯」の方法は、42℃位の湯に手首から先を10〜15分程浸ける。すると、主に肘や肩などに停滞した血の流れを促進。肩こり、肘の痛み、冷えによる不眠症、寒さによる肩こりや頭痛にも効果がある。「手湯」は足湯よりも簡単にできるのも魅力。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る