ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • 低温泉
    ていおんせん

    「低温泉」とは、源泉の泉温が25〜34℃未満の温泉のこと。温泉は、源泉の泉温によって、25℃未満は冷鉱泉、25〜34℃未満は「低温泉」、34〜42℃未満は温泉、42℃以上は高温泉と分類。最も気持ちが良い泉温は42℃と言われているため、冷鉱泉、低温泉、温泉は加熱の必要がある場合がほとんど。また、源泉の温度が高い程、成分が多い傾向にあるが、高温泉だけの効能が優れているわけではない。お湯が熱すぎると肌への刺激が強すぎる、適温に冷ますために時間をかけたり、加水したりするなどの必要もある。ぬるい湯に長く浸かりたい人は温泉を、刺激に弱い人は適温に加熱した冷鉱泉、「低温泉」を選ぶと良い。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る