ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • 単純温泉
    たんじゅんおんせん

    「単純温泉」とは、「アルカリ性単純温泉」または「単純泉」と呼ばれ、温泉法によると、湧出したお湯の温度が25℃以上で、温泉水1kgのうち、含有成分が1,000mg未満の物のこと。つまり、成分が単純なのではなく、含有成分の量が、ある一定の基準値に達していないことを示している(反対に温泉水1kg.のうち、成分が1,000mg以上あれば、泉質名がつく)。温泉に含まれる成分が少ないため、湯がやわらかく(刺激が少なく)肌に優しいのが特徴。無味無臭・無色透明の物が多く、肌の弱い人や高齢者、幼児なども、安心して湯に浸かることが可能。効能は、神経痛や筋肉痛、関節痛、リュウマチ、冷え性、疲労回復、健康増進など。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る