ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • 外湯
    そとゆ

    「外湯」とは、内湯に対する対義語で、温泉街に存在する、宿泊施設を伴わない公衆浴場、及び日帰り入浴施設のこと。源泉開発の技術が進んでいなかった時代、温泉は、誰かの占有物ではなく、皆の共有財産であるという考えがあった。それにより、お風呂は源泉が湧出する場所に、共同の浴場として整備。旅館は、源泉の周辺に建てられていた。宿泊客は、温泉に入る際には、旅館の外にある共同浴場を利用。しかし、観光客が増加して、源泉開発技術が発達するに伴い、個々の宿でもお風呂を持つようになり、そうした風呂を「内湯」、それに対して外にある共同浴場を「外湯」と呼ぶようになった。お風呂のある旅館がほとんどであるが、外湯が残っている温泉地もある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る