ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • 集中管理方式
    しゅうちゅうかんりほうしき

    「集中管理方式」とは、温泉の源泉管理方法のこと。複数の源泉を1ヵ所にまとめ、湯を貯め、それを温泉旅館や共同浴場などに配湯する。「集中管理方式」は、源泉の湧出不足問題から考え出された方式で、限られた温泉資源を有効的に利用でき、コンピュータの自動管理により温泉街全体で温泉の管理ができることがメリット。一方で、貯湯するため、温泉の新鮮さが損なわれることがデメリット。また「集中管理方式」では、異なる源泉のお湯を混ぜることも多く、湯質が劣化しやすい上、源泉の個性や特徴が損なわれるという2つ目のデメリットも否めない。しかし、一定の温度の温泉が、絶え間なく各施設に配湯され、源泉の管理が容易になった点、また、温泉保護の観点からも優れたシステム。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る