ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • 関節痛
    かんせつうつう

    「関節痛」とは、関節の痛みを言い、関節疾患の主症状のこと。関節に異常が起こると、痛みや腫れ、硬直や変形などが発生。「関節痛」の痛みには、自発痛=何もしなくても痛む、圧痛=押すと痛む、運動通=動かすと痛む、がある。さらに、その痛みが一ヵ所か、複数箇所か、片側だけか、左右対称の関節の痛みか、も病気を診断する上で重要。「関節痛」と言えば、膠原病(こうげんびょう)が挙げられるが、その他、足の親指が突然痛み出す通風や骨の腫瘍など、様々な病気が要因となっている場合が多い。五十肩や変形性膝(しつ)関節症でも、それぞれ肩関節痛や膝関節痛が初発症状であり主症状。また、捻挫(ねんざ)や脱臼(だっきゅう)などの後遺症として「関節痛」が残存することもある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る