ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • 間欠泉
    かんけつせん

    「間欠泉」とは、一定の間隔ごとに噴出する熱湯や水蒸気による温泉のこと。周期は、数秒から数年など様々で、火山地域に存在。「間欠泉」には、天然によるものと、ボーリングによるものとがある。世界的に有名なのは、ニュージーランド、アイスランド、アメリカのイェローストン国立公園の「間欠泉」。国内では、宮城県の鬼首(おにこうべ)温泉。噴出する仕組みについては諸説あり、代表的なものは、地下の空洞に溜まった高温の温泉に、水蒸気によって高圧力がかかり地表に噴出する、という“空洞説”と、墳孔の底と出口との大きく異なる温度差で噴出するという“垂直管説”がある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る