ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • 化石海水
    かせきかいすい

    「化石海水」とは、太古の地殻変動などで、地中に閉じこめられた古い海水のこと。“化石のように古い海水”の比喩的表現が名称の由来。海底で地層ができるときには、まず大きな石や砂などの間にあるすき間に、海水が入り込むことから始まる。通常は、その上に積み重なった地層の重さで海水が押し出され、ほとんどなくなるが、なんらかの条件が揃うと、海水がそのまま閉じ込められる、または砂などに海水の成分が張り付いて残存するという現象が発生。この海水が「化石海水」である。「化石海水」を利用した温泉には、高温になった岩石や、地下深くの地熱で温められた「化石海水」が自然に噴き出したもの、もしくはボーリングなどで「化石海水」を人為的に汲み上げたものが存在。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る