ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • 加水
    かすい

    「加水」とは、源泉から湧き出る温泉に、事業者が水道水や井戸水、湧水、河川水、湖沼水、海水などの水を加えて湯を注ぎ入れること。これらの水を、施設利用者(消費者)が、温泉が入った浴槽に加えることは、「加水」とされない。「加水」の目的は5つの分類があり、①冷却=源泉が高温の際に低温水を加えること、②加温=源泉が低温の場合に温水や熱水を加えること、③増量=湧出量の少ないときに低温水を加えること、または④加温・増量併用=温水、熱水を加えること、⑤希釈=源泉の成分を薄めること。また、アルカリ性が高い温泉の場合は、希釈が利用を許可する条件となっていることも。「加水」を行なう際は、その状況と理由を明示することが義務付けられている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る