ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • 隠し湯
    かくしゆ

    「隠し湯」とは、日本の封建制時代に、土地の領主が独占的に利用した温泉のこと。各地にある温泉は、通常、地域の領民なども利用するが、領民が利用すると、家臣たちが療養のために利用することが困難となる。そこで、領主が特定の温泉の使用権を独占し、領民などは使用不可とした。つまり領民たちからすると“隠れた”温泉となるのである。「隠し湯」で有名なのは武田信玄で、将兵の湯治を目的に利用。信玄のライバルである上杉謙信や信玄に仕えていた真田氏も「隠し湯」を持っていたとされる。「隠し湯」という表現は、歴史ある温泉、秘湯、効能の高い温泉というイメージから、観光宣伝のために用いられることが多い。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る