ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • ロウリュ
    ろうりゅ

    フィンランドで生まれた「ゆったりと蒸気が舞い落ちる」と言う意味を持つサウナの一種。「ロウリュウ」とも呼ばれる。方法は、サウナ室の中にあるストーブや熱した石にアロマ水などをかけ、発生した高温の蒸気を浴びることで汗をかくシステム。通常の日本のドライサウナの温度が100℃近いのに対して、ロウリュはほとんどが80℃以下の設定となっており、中温・高湿という特徴がある。また、数種類のアロマ水を使用するなど女性向けのサービスも拡大しており、瞑想やリラクゼーション目的のために利用されることが多い。基本的な方法は、ドイツ生まれの「アウフグース」と似ているが、アウフグースは仰ぐ回数や時間が多くパフォーマンス要素が含まれているという点でロウリュと区別されている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る