ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • レイキ
    れいき

    日本発祥の民間療法である「臼井靈氣療法」が日本国内外で発展し普及した、一種の手当て療法。国内においては「霊気」や「霊氣」、国外では「Reiki」と表され、国によっては医療補助の対象となる。その歴史は1922年(大正11年)、日本人である臼井甕男が臼井霊気療法学会を設立したことから始まる。臼井氏は霊気の伝授レベルを初伝、奥伝(前期・後期)、神秘伝に分けており、臼井が神秘伝まで伝授したのは21人または20人とされ、その技を伝授された弟子たちが海を渡り普及させたことにより、海外でも広く知られることとなった。その後日本では一旦廃れるも、1980年代にニューエイジブームと共に「REIKI」として逆輸入の形で広まったが、これを「西洋レイキ」と区別することもある。効果としては、生命の活性化をはかり、生体内のエネルギー・バランスを調整するとされている。西洋レイキにおける基本的な施術方法は、受け手が横になり施術者が全身の12ヵ所に順に手をあてていく。終了まで約30分から60分。しかし、レイキは型にはまったものではないので応用をきかせるなど、ある程度は自由なやり方で構わないとされる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る