ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • 高温浴室
    こうおんよくしつ

    別名、「カルダリウム(caldarium))。古代ローマ風呂の最も高温な浴室を指し、解毒作用があると言われている。「ハイポコースト」と言う、熱気と煙を床下や壁に送り込む方法により、非常に高温多湿の部屋が作られる。「ハイポコースト」は、ローマの重要な発明のひとつとされ、現代のセントラルヒーティングの先駆けでもある。高温浴室に入ったあとは、微温浴室(テピダリウム)、冷水のプール(フリギダリウム)へと順に進んでいく。現代においては、欧米では体育館やスパにある床が暖かい部屋を「カルダリウム」と呼ぶ。また日本でも、カルダリウムと称されたスペースが大型スパ施設などで見受けられることがあるが、すべて高温とは限らず、蒸気熱の解毒作用を利用した蒸気浴ができる場所として設けられている場合もある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る