ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • カルダリウム
    かるだりうむ

    古代ローマ時代に開発された高温の浴室のことで、解毒作用があるとされていた。召使いなどが絶えず火に木を足しながら、床下に熱い空気を流す「ハイポコースト」と呼ばれる方法で蒸気によって部屋を暖めており、浴室の中に湯船が設置してある場合もあった。古代ローマ人は、カルダリウム(熱浴室)に入りオリーブオイルで身体を洗浄したあと、暖かいオープンスペースの浴場「テピダリウム(温浴室)」に進み、最後に冷水の湯船がある「フリギダリウム(冷浴室)」の順で大衆浴場を利用していた。現代におけるカルダリウムは、スパ施設などにおいて床下が暖かい部屋のことを呼び、日本でも採用している店舗がある。また、蒸気浴が体験できるサウナメニューの一種としてサービスを提供しているスパ施設も各地に見受けられる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る