ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • カポエイラ
    かぽえいら

    カポエイラ(カポエイラ)

    植民地時代からブラジルのサルバトル市など北東部に発達した舞踏、闘技のこと。原型は、「カポエイラ・アンゴラ」と呼ばれ、アフリカ系舞踏の性格が強い。相手にけりや攻撃を当ててしまうものは下手とされ、基本的には相手に触れずプレッシャーをかけてゆくため、格闘技とダンスの中間に位置するものとも考えられている。それでも、黒人大衆の反抗の手段となり得たため、たびたび禁止され、19世紀には演武は犯罪とされた。20世紀になって、空手やフランスのサバトの影響を受け、多彩で強力な足蹴り技をもつカポエイラ・レジオナルが成立し、現在では、サンパウロやリオ・デ・ジャネイロでも教えられている。日本では、フィットネスクラブやスパ施設などで健康を目的としたメニューとして体験することができる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る