ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • エアロビック・エクササイズ
    えあろびっく・えくささいず

    エアロビック・エクササイズ(エアロビック・エクササイズ)

    酸素を十分に摂取しながら行なう、比較的運動負荷の少ない長時間(20分以上)の運動。「有酸素性運動(有酸素運動)」や「エアロビクス」とも言う。安全性が高く、年齢・性別に関係なく万人に適した運動で、ウォーキングや水泳、サイクリングなどもエアロビック・エクササイズの一種である。1967年(昭和42年)、米軍軍医のケネス・H・クーパーが心肺機能を改善させる運動プログラムを開発し、これを「エアロビクス」と発表したのが始まりとされている。これによって持久力を高め、脂肪燃焼に効果があると言われており、さらに呼吸器、循環器系の機能維持・向上、生活習慣病予防も期待できる。現在の日本では、ダンス形式の有酸素運動である「エアロビックダンスエクササイズ」を指すことが多く、フィットネスクラブやスパ施設などで行なうことができる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る