ご希望の温泉情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

温泉用語集

温泉用語集 温泉用語集

文字サイズ

  • アロマテラピー
    あろまてらぴー

    花や木などの植物に由来する芳香成分(精油)を用いて、心身の健康や美容を増進する技術、もしくは行為のこと。また、お香やフレグランス・キャンドルを含め、生活に自然の香りを取り入れストレスを解消したり心身をリラックスしたりすることも含めて「アロマテラピー」と呼ぶ場合も多い。起源は、20世紀初頭、南フランスのプロバンス地方において、香料の研究者であったルネ・モーリス・ガットフォセが、実験中に事故で火傷を負った際にラベンダーの精油に手を浸したところ、傷の治りが目ざましく良かったことから、この植物療法をアロマテラピーと命名したことが始まりである。また、日本で紹介されたのは1980年代以降であり、現在は、スパやエステサロンなどでアロマテラピーを取り入れ、効果的な癒し空間を作り出している。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の温泉・スパ[健康ランド]を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る