ご希望の温泉・スパ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
温泉・スパ
トップページへ戻る
トップページへ戻る

第二回日本三大名湯 下呂温泉(岐阜県)

有馬温泉(兵庫県)と草津温泉(群馬県)と共に「日本三名湯」のひとつとして知られている岐阜県の「下呂温泉」をご紹介致します。

千年を超える歴史ある下呂温泉

下呂

下呂温泉は、岐阜県中東部に位置する下呂市にある温泉です。市の中央を南北に流れる飛騨川(ひだがわ)を挟んで温泉街があり、温泉宿や温泉施設、お土産店などが立ち並んでいます。

下呂温泉の歴史は平安時代までさかのぼり、現在の温泉街から約4km東方にある、湯ヶ峰(標高1,067m)という山の頂上で温泉が湧いているのが見つかったことが始まりと言われています。下呂温泉が平安時代のいつごろ発見されたかについては2つの説があり、いずれも古い書物に記述が残されています。

江戸幕府8代将軍徳川吉宗の時代の飛騨代官・長谷川忠崇が監修した『飛州志(ひしゅうし)』には、947~957年に初めて発見されたと記され、一方、飛騨地方の歴史書『飛騨編年史要』には、901~923年に発見されたと記されているようです。どちらにしても、下呂温泉が千年を超える歴史を持つ名湯であることに違いありません。

その後、時代が変わった鎌倉時代の1265年(文永2年)のある日、湯ヶ峰山頂に湧いた温泉が突然止まってしまいます。ところがその翌年、人々が暮らす集落がある飛騨川の河原に温泉が湧いているのが見つかり、以来、ここを源泉地として下呂温泉街が築かれていきました。

突然出なくなった温泉が再び湧き出した不思議な出来事は、薬師如来が白鷺に化身して飛騨川の河原に舞い降り温泉の湧出を知らせた「白鷺(しらさぎ)伝説」として今に伝えられています。そして、室町時代には禅僧で歌人でもある万里集九が、江戸時代には徳川家康に仕えた儒学者(じゅがくしゃ)の林羅山(はやし らざん)が下呂温泉を名泉と紹介したことから、日本各地から多くの湯治客が訪れるようになりました。

つるつるなめらかな美人の湯

下呂

下呂温泉のお湯は、無色透明で硫黄を含む湯の香りがかすかに漂う、つるつるとしたなめらかな肌触りが特長です。PH9以上の「アルカリ性単純泉」という泉質には、肌の角質を落とす天然のせっけん効果があることから「美人の湯」とも言われています。また、単純泉は刺激の少ない体に優しいお湯なので、子どもから年配の方まで温泉を楽しむことができます。

下呂温泉の湯には、ビタミンCを補い副腎を活性化する「硫化水素」という成分が含まれているため、浸かると全身の血行が良くなり、リウマチや運動機能障害、神経症、神経麻痺、病後回復、疲労回復などに優れた効能があり、運動浴にも適しているとされています。

下呂温泉を満喫できる3つの外湯

外湯

下呂温泉街には、約60軒もの宿泊施設があります。心ゆくまで温泉を楽しみたいなら、宿に滞在して温泉施設を利用する他に、温泉街にある3つの外湯をめぐってみるのも良いかもしれません。

白鷺の湯

大正15年から観光客や地元の人々に親しまれている公共浴場です。レトロな洋館風の施設のなかには内湯があり、ひのき造りの湯船で源泉掛け流しの湯に浸かりながら、窓の外の飛騨川の景色を眺めることができます。

【営業時間】10時~22時(受付21時30分まで)

【入浴料】大人370円、小学生140円、幼児70円

【定休日】水曜日

クアガーデン露天風呂

飛騨川沿いにある多目的露天温泉保養館です。“総合的な健康づくり”を目的とするこの施設には内湯がなく、五右衛門風呂・打たせ湯・三温の湯・箱蒸し・泡沫浴(ほうまつよく)・洞窟風呂といった6種類の個性あふれる露天風呂を楽しむことができます。

【営業時間】8時~21時(受付20時まで)

【入浴料】大人700円、小学生400円、幼児200円

【定休日】木曜日

幸の湯

幸乃湯旅館に併設されている公衆浴場です。露天風呂・ハイドロ風呂・ボディシャワー・打たせ湯・サウナ・水風呂・家族風呂があり、気軽に立ち寄ることのできる温泉施設として人気があります。

【営業時間】10時~23時(受付22時30分まで)

【入浴料】大人370円、小学生150円、幼児70円

【定休日】火曜日

3軒の宿の温泉に入浴できる「湯めぐり手形」

宿泊先以外の宿の温泉にも入ってみたい…。そんなときには、温泉パスポート「湯めぐり手形」が便利です。下呂温泉街にある手形加盟旅館(平成26年4月現在26件)のなかから3軒のお風呂を選んで入浴することができます。

【料金】手形1枚1,300円(税込)

【有効期限】販売日から6ヵ月

【販売所】総合観光案内所、手形加盟旅館、土産品店、下呂温泉街のコンビニなど

気軽に温泉三昧を楽しめる足湯

気軽に温泉三昧を楽しめる足湯

下呂温泉街には無料で利用できる足湯施設がたくさんあります。約10分~15分を目安に浸かる足湯は、全身の血行が良くなり健康維持に効果があると言われています。温泉街散策の途中でふらりと立ち寄って温泉三昧を楽しめるのが、なんと言っても足湯の魅力です。

鷺の足湯

下呂温泉街でいち早く足湯を取り入れたのがここ。ひのき造りの湯船で風流な足湯を楽しむことができます。すぐ向かい側には「下呂発温泉博物館」があります。

【営業時間】24時間営業

【定休日】無休

ビーナスの足湯

外湯のひとつとして紹介した「白鷺の湯」の玄関先にあります。座席は円形になっていて、中央に設けられた純白のビーナス像を囲むように輪になって湯に浸かります。

【営業時間】24時間営業

【定休日】無休

ゆあみ屋の足湯

食事・売店施設「足湯の里ゆあみ屋」の入口にある足湯。半円形の湯船に浸かりながら、多くの温泉宿の朝食にも供されているゆあみ屋自慢の「下呂の温たま 湯の香美人」を味わうことができます。

【営業時間】24時間営業

【定休日】無休

詳細を見る

● 足湯の里ゆあみ屋

【営業時間】[4月~11月] 9時~21時、[12月~3月] 9時~18時30分

【定休日】年中無休  ※イベントやメンテナンス等で営業日・営業時間が変更になる場合あり。

下留磨(げるま)の足湯

旅館「水鳳園」(すいほうえん)入口に設けられている足湯。下呂温泉ではなくゲルマニウム鉱石を利用した湯が使われており、遠赤外線効果による様々な効能が期待できます。場所は春から秋に開催される「いでゆ朝市」会場に近く、穴場スポットとして人気があります。

【営業時間】7時~21時

【定休日】水鳳園休館日定休

田の神の足湯

下呂市役所に隣接する公園の一角にあります。足湯のすぐそばに噴泉塔があり、手を温泉に浸す“手湯”を楽しむこともできます。

【営業時間】24時間営業

【定休日】無休

開放感たっぷりの噴泉池(ふんせんち)

温泉街の中心を流れる飛騨川の河川敷にある噴泉池は下呂温泉のシンボル的な存在。川のせせらぎを堪能しながら多くの人が利用しています。入る際は水着の着用が義務付けられています。

【営業時間】通年(清掃時、河川増水時は入浴不可)

【定休日】無休

【清掃時間】7時~8時(所要時間1時間程度、14時頃には利用可能)

※男女とも必ず水着着用のこと。

下呂温泉ならではのイベントを開催

共同浴場

下呂温泉では、1年を通して様々な季節イベントが開催されています。郷土の魅力盛りだくさんの催しを楽しみながら湯めぐりを満喫する、ぜいたくな時間を過ごすのも良いかもしれません。

田の神祭り(花笠まつり)

“飛騨路に春を告げる祭り”として知られ、踊り子が花笠をかぶって舞うことから「花笠まつり」とも言われます。1980年(昭和55年)に国重要無形文化財に指定されています。

【開催時期】
2月7日~2月14日
【場所】
下呂温泉合掌村~森水無八幡神社

下呂温泉まつり

毎年8月に行なわれる夏の最大イベントです。子供みこしや龍神火祭り、一般女性が参加する湯の華みこし、コンピューターを駆使した特殊演出が見事な下呂温泉花火ミュージカルなど、4日間を通して多彩な催しで盛り上がります。

【開催時期】
8月1日~8月4日
【場所】
下呂温泉街

下呂温泉いでゆ朝市

下呂温泉街の「下呂温泉合掌村」入口付近で、毎年3月~11月にかけて開催される朝市。地元で採れた野菜や特産品、地酒、民芸品などの店が並び、多くの観光客で賑わっています。

【開催時期】
3月中旬~11月下旬(8時~12時)
【定 休 日】
開催期間中・無休
【場所】
下呂温泉合掌村下 
※荒天には定休の場合あり。

下呂温泉花火ミュージカル冬公演&冬の下呂温泉花火物語

4ヵ月間のロングランにて開催される花火イベント。温泉街の夜空が美しく彩られます。

【開催時期】
:12月~3月の指定日
(最新情報は下呂温泉観光協会に要問合せ)
【場所】
飛騨川河畔
※荒天・河川増水時中止