施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の温泉・スパ施設情報を無料で検索できます。

ホームメイト温泉・スパ施設リサーチ

温泉・スパ情報

スパとは



「スパ」という言葉。よく見聞きしますが、「スパって何?」「日帰り温泉やスーパー銭湯とはどう違うの?」と問われると、ちょっと困ってしまいますよね。

そこで、「スパ」の定義やその内容についてご説明します。

スパの語源

スパの語源

まずは、「スパ(SPA)」という言葉の語源から。

スパの語源にはいろいろな説があり、次のようなものがあります。

  1.  古くから療養温泉で有名な、ベルギーの「スパ」という都市の名に由来するという説。
  2. ラテン語系の「水による健康(Sanitas Per Aqua)」、あるいは「水による癒し(Solus Per Aqua)」という言葉の頭文字とったものという説。
  3. ラテン語の「温泉施設における潤い」を意味する単語「スパゲーレ(spagale)」が変化したという説。

いずれにしても、「温泉」や「水」を利用した治療、癒し、健康増進という感じですね。

スパの定義

スパの定義

そこで、スパの定義です。

NPO法人である日本スパ振興協会では、「健康と美の維持・回復・増進を目的として、温泉・水浴をベースに、くつろぎと癒しの環境と様々な施術や療法などを総合的に管理する施設」と定義付けています。

なるほど、こういう目的があったのですね。

何かとあわただしい日々を送っている私たちにとって、ストレス解消や美容・健康のため、このような施設が身近にあって気軽に利用できるとウレシイものです。

ところで、この定義によると、温泉でなくても入浴施設があり、それに加えてリラクゼーションなど「癒し」のサービス、あるいは、からだを動かすことのできる場所があれば「スパ」ということになります。例えば、お風呂のあるフィットネスクラブも、足つぼのあるスーパー銭湯も広い意味で「スパ」と言えるわけです。

スパで行なわれる療法や施術

スパで行なわれる療法や施術

スパで行なわれる療法や施術としては、次のようなものが挙げられます。

見ているだけで、心身を「癒し」に行きたくなりますね。

温熱療法
温泉浴(ジャグジー、寝湯など)、温冷浴、サウナ浴、岩盤浴
リラクゼーション
西洋式リフレクソロジー、アロマテラピー、タラソテラピー、リンパ・ドレナージュ、カイロプラクティック、マッサージ・指圧・整体、中国式足裏療法(足裏マッサージ)、タイ古式マッサージ、アスレティック・マッサージ(スポーツマッサージ) など
エステティック
フェイシャルケア、ネイルケア、ヘッドケア(ヘッドスパ)、エステティックメイクアップ など
運動療法
プールでの水浴、ヨガ、太極拳、気功、エアロビスクなどのフィットネスプログラム など