施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の温泉・スパ施設情報を無料で検索できます。

ホームメイト温泉・スパ施設リサーチ

温泉・スパ情報

日本三大○○温泉



全国数ある温泉の中で、ベストスリーに数えあげられている温泉をまとめてみました。由来が不明のものもありますが、しっかりと定着しているのは、実際にその温泉に浸ると「なるほど…」と実感するからでしょうか。

日本編

日本編

古来から伝えられてきたものの他、現代人が名付けたものもあります。

日本三名泉
草津温泉(群馬県)、下呂温泉(岐阜県)、有馬温泉(兵庫県)
江戸時代に将軍に仕えた儒学者・林羅山が、有馬温泉で詠った詩文に挙げられています。
日本三古湯
白浜温泉(和歌山県)、有馬温泉(兵庫県)、道後温泉(愛媛県)
奈良時代に書かれた『古事記』や『日本書紀』に登場しています。白浜温泉・道後温泉の代わりに、下呂温泉(岐阜県)や別府温泉(大分県)を入れるという説もあります。
日本三大御湯(みゆ)
秋保温泉(宮城県)、別所温泉(長野県)、野沢温泉(長野県)
鎌倉時代、順徳天皇が皇室が選ぶ日本の9名湯のうち、これら3つの温泉だけ「御湯」という称号をつけたことによります。
日本三大薬泉
松之山温泉(新潟県)、草津温泉(群馬県)、有馬温泉(兵庫県)
由来は不明です。松之山温泉はホウ酸含有量日本一の温泉。
日本三大美人の湯
川中温泉(群馬県)、龍神温泉(和歌山県)、湯の川温泉(島根県)
由来は不明です。川中温泉は硫酸塩泉、龍神温泉は炭酸水素塩泉、湯の川温泉は硫酸塩泉・塩化物泉と泉質は異なります。3つの温泉に共通するのは、弱アルカリ性(pH 7.4~8.4)であることと、ナトリウムイオンあるいはカルシウムイオンを含んでいること。当然「美人」になるわけではなく、「美白効果が高い」と言われています。
日本三大美肌の湯
喜連川温泉(栃木県)、斐乃上温泉(島根県)、佐賀県(嬉野温泉
中央温泉研究所と温泉評論家の藤田聡氏が名付けたもの。喜連川温泉は塩化物泉、斐乃上温泉はアルカリ性単純泉、嬉野温泉は炭酸水素塩泉で、やはり泉質は異なりますが、弱アルカリ性であることが共通しています。

地域限定編

地域限定編

いずれも由来は不明ですが、思わず納得できてしまうところがすごいですね。

奥州三名湯
鳴子温泉(宮城県)、秋保温泉(宮城県)、飯坂温泉(福島県)
奥州とは、明治時代初期までの地方名で、現在の青森県、岩手県、山形県、宮城県、福島県にあたります。
奥州三高湯
蔵王温泉(山形県)、白布温泉(山形県)、高湯温泉(福島県)
かつて、それぞれ最上高湯、白布高湯、信夫高湯と呼ばれたことによります。
上毛三名湯
草津温泉(群馬県)、伊香保温泉(群馬県)、四万温泉(群馬県)
上毛とは、明治時代初期までの地方名で、現在の群馬県にあたります。
美作(みまさか)三湯
湯原温泉(岡山県)、奥津温泉(岡山県)、湯郷温泉(岡山県)
美作とは、明治時代初期までの地方名で、現在の岡山県北部にあたります。