ご希望の温泉・スパ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト温泉・スパリサーチ
温泉・スパ
トップページへ戻る
トップページへ戻る

温泉・スパ情報

温泉の湯のパワー



人間にさまざまな効能をもたらしてくれる温泉。様々な化学成分を含んでいることから、思わぬところで化学反応を起こってしまうことがあります。そんな温泉の湯のパワーを、身の周りで起こる金属の変化から実感することができます。

シルバー製品を真っ黒にさせてしまう硫黄泉

シルバー製品を真っ黒にさせてしまう硫黄泉

シルバー製の時計や指輪、ネックレスなどを身に付けたまま、うっかり入浴してしまったということはありませんか。それが硫黄泉だった場合、指輪などは表面が真っ黒に変色してしまいます。

これは、銀は硫黄泉の中に含まれている硫化水素と反応しやすく、それらが結合すると硫化銀に変化するためです。真っ黒になっている部分は硫化銀ということになります。

また、強酸性の温泉も金属を酸化させる作用があり、黒く変色させてしまいます。

ですから、温泉に入浴するときは、時計はもちろん、指輪やネックレスなどの金属製品は必ず外すようにしましょう。

コンクリートまで破壊してしまう強酸性の温泉

コンクリートまで破壊してしまう強酸性の温泉

強酸性の温泉には、鉄や銀、アルミニウムなどの金属を溶かしてしまうほどのパワーがあります。

例えば、pH2前後という強酸性の草津温泉の源泉に1円玉を浸しておくと、徐々に溶け出し、1週間で跡形もなくなってしまうとされています。また、指輪やネックレスなどを身に付けたまま入浴してしまった場合、入浴中は変化がないように見えても、しばらくすると黒く変色してしまいます。

さらには、コンクリートさえボロボロに劣化させてしまう力をもっています。これは、コンクリートに含まれているセメントが強酸によって軟化し、破壊されるためです。

変色したシルバー製品をきれいにする鉄泉

変色したシルバー製品をきれいにする鉄泉

シルバー製品の指輪やネックレスが温泉で黒く変色してしまった場合でも、ご安心下さい。別の泉質の温泉を使って、もとに戻す方法があります。

黒く変色してしまっている部分は硫化銀であり、この硫化銀をもとの「銀」と「硫化水素」に分解させればいいわけです。

では、具体的にどうすればよいかと言うと、高校で習う化学の話になりますが、銀よりもイオンになりやすい金属と化学反応させればよいのです。銀よりイオンになりやすい金属を含む泉質としては鉄泉が挙げられます。

ですから、変色したシルバー製品を鉄泉に浸ければ、すっかりきれいになります。ただし、鉄分を含んだ温泉でも、酸化して茶色くなっているお湯ではあまり効果がないので、湧出口から湧き出してきたばかりの新鮮なお湯に浸ける必要があります。