ご希望の温泉・スパ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト温泉・スパリサーチ
温泉・スパ
トップページへ戻る
トップページへ戻る

温泉・スパ情報

温泉はどうやってできる?



温泉というと火山の熱で温められたものと考えられがちです、実は、温泉には火山の近くから湧き出る火山性温泉と、火山に関係のない平野部などから湧き出る非火山性温泉があります。

火山性温泉

火山性温泉

日本にはたくさんの火山があるため、その近くから湧き出る火山性温泉が多くあります。

火山性温泉は、地下の岩石や地層のところどころには割れ目(断層など)があり、ここに地表に降った雨や雪が地下水になってたまり、その地下水が地下の熱によって温められたものです。

火山の地下数kmから数十kmのところには、深部から上昇してきたマグマがたまった「マグマだまり」というところがあります。「マグマだまり」は1000℃以上の高温になっており、この熱で温められた地下水に、マグマのガス成分やまわりの岩石に含まれる様々な成分が溶け込んでいきます。この地下水が自然に涌き出したり、ボーリング(掘削)によってくみ上げられたりしたものが温泉です。

日本の温泉地の多くは、千島、那須、鳥海、富士、乗鞍、大山、霧島という第四起の火山帯に沿うように分布していますが、これらの温泉地の温泉はもちろん火山性温泉。この火山性温泉は、マグマのガス成分や熱で溶け出した地中成分などが含まれる多種多様な泉質となります。酸性泉や硫化水素泉のほとんどはこのタイプ。

非火山性温泉

非火山性温泉

近年では、平野部や街の中に新しい温泉施設が次々と誕生しています。このような火山以外の熱で温められる温泉は、非火山性温泉と呼ばれます。非火山性温泉には深層地下水型と化石海水型などがあります。

深層地下水型火山性温泉

深層地下水型火山性温泉

一般に、地表から地下ヘ100m深くなるにしたがって温度は約2~3℃ずつ高くなることが知られています。例えば地上で20℃の場合、地下1,000mの深さの地熱はおよそ40~50℃にもなるのです。雨や雪が地中にしみ込んだ地下水が、このような地下の熱で温められてできるのが深層地下水型の非火山性温泉です。

 新しく誕生する非火山性温泉のほとんどはこの深層地下水型によるもの。多くの場合、1,500m前後掘削して、地下深くに貯えられている加温された温泉水(深層熱水)を汲み出しています。含有成分量が希薄な温泉が多く、その成分は地下の地質により異なります。

化石海水型火山性温泉

化石海水型火山性温泉

化石海水型火山性温泉とは、太古の地殻変動などで、古い海水が地中に閉じ込められている水のこと。温度は低いのですが、塩分を多く含むため温泉と認められます。

マグマのガス成分や熱水溶液などが混入したり、流動中に岩石に含まれる成分が溶け込んだりするため、有機成分が多いのが特徴です。