ご希望の温泉・スパ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
温泉・スパ
トップページへ戻る
トップページへ戻る

温泉・スパ情報

温泉と祭り



全国の各地の温泉地の中には、大きな祭りが伝統行事となっているところもあります。地元の人々の情熱によって支えられてきた、その土地の歴史と伝統を今に伝えるエネルギッシュな祭りを、温泉とともに味わいましょう。

浅虫温泉のねぶた祭り(青森県)

浅虫温泉のねぶた祭り(青森県)

青森と言えばねぶた祭りですが、浅虫温泉はそのねぶたの発祥の地とも言われています。ねぶたとは、鬼や武者者などが描かれた大きな燈籠を山車に載せて、「ラッセラー」「ヤーヤドー」といった掛け声とともに地面を踏みならしながら町内を練り歩くもの。

浅虫温泉のねぶた祭りには、毎年7月・8月に行なわれ、観光客も参加でき、ねぶた衣装の無料貸出しもあります。また、各旅館の前ではふるまい三昧が行なわれ、ねぶたを楽しむ人で賑わいます。

飯坂温泉のけんか祭り(福島県)

飯坂温泉のけんか祭り(福島県)

飯坂温泉けんか祭りは、毎年10月に飯坂八幡神社で行なわれる「八幡神社例大祭」のことで、その激しさからこのように呼ばれています。岸和田(大阪府)の「地車祭り」、角館(秋田県)の「飾山ばやし」とともに、「日本三大けんか祭り」のひとつと言われています。

五穀豊饒を神に感謝し、一年の安泰を祈願する祭りで、湯の町は祭り一色に染まります。

祭りのクライマックス「宮入り」は、神輿が町内をめぐった後、夜を待って行なわれます。神輿が境内に入ろうとすると、その宮入りを阻むために、大勢の若者たちに担がれた6台の太鼓屋台が激しくぶつかり合います。夜の闇に揺れる提灯や、大地をとどろかすような太鼓の音…情熱あふれる幻想的な世界が広がります。

箱根湯本温泉の箱根大名行列(神奈川県)

箱根湯本温泉の箱根大名行列(神奈川県)

箱根七湯発祥の地・箱根湯本温泉郷では、毎年文化の日(11月3日)に、1935(昭和10)年に始まる伝統的な箱根大名行列が盛大に行なわれます。「下に~、下に~」のかけ声とともに、江戸時代の参勤交代による大名行列さながらに、旧東海道や温泉街を約6kmにわたって練り歩きます。

行列は小田原藩11万3千石の格式にならって、露払いを先頭に、六尺、毛槍、弓、鉄砲、徒士(かち)、小姓、大名、家老、大名駕籠、奥女中、腰元、長持など、総勢170名で構成。そこに、100名ほどの箱根湯本温泉芸妓連の華やかな手踊りや人力車、各団体の吹奏楽団なども加わり、とても賑やかなパレードになっています。

別府八湯温泉まつり(大分県)

別府八湯温泉まつり(大分県)

別府八湯温泉まつりは、毎年4月初めに開催される、別府八湯の豊かな温泉の恵みに感謝するお祭り。期間中、8つの温泉地は祭り一色となり、市内100以上の共同温泉が無料開放され、各温泉地で飲食の接待があるなど、嬉しいことづくしです。

野焼きの「扇山火まつり」、八湯それぞれの湯を神前に奉納する「別府八湯献湯祭」、賑やかな湯けむり総パレード、仮装踊り、「湯かけまつり」など、イベントも満載。

「扇山火まつり」は、冬の間、大平山(扇山)で休んでいた温泉の神々に春の到来を告げるとともに、野焼き後に芽吹く草花を神々に捧げるためのもの。山肌を走る炎の帯が扇形に夜空に浮かぶ幻想的な光景の、その荘厳さ、壮大さは圧巻で、温泉まつりを華やかに盛り上げます。

祭りを締めくくる「湯かけまつり」。これは、別府駅前通りを練り歩く神輿に向かって観客が八湯の湯をヒシャクでかけるという壮観な行事。この祭りで最大の盛り上がりを見せます。