施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の温泉・スパ施設情報を無料で検索できます。

ホームメイト温泉・スパ施設リサーチ

温泉・スパ情報

浴舎と温泉効果



天井を高くしてゆったりと空間をとった木造りの浴舎、源泉が惜しみなく注がれ湯けむりをあげる木造りの湯船。木には温もりがあり、さらに芳しい香りが気持ちをリラックスさせてくれます。そんな浴舎で温泉に浸れば、何とも心地よく、自然と笑みがこぼれてきます。

全国の温泉地にある浴舎の中から、選りすぐりの浴舎をご紹介します。

鳴子温泉の「滝の湯」(宮城県)

鳴子温泉の「滝の湯」(宮城県)

9種類の泉質をもつ鳴子温泉。鳴子温泉神社の御神湯として江戸初期から続くという共同浴場「滝の湯」は、当時の湯小屋を再現した数寄屋風の総ヒノキ造りで温泉情緒たっぷり。

鳴子温泉神社から木の樋を伝わってきた「ご神湯」が、打たせ湯となって木造りの湯船に滝のように落ちてきます。白濁した湯は惜しげもなく湯船からあふれ出し、源泉100%かけ流しの湯を満喫できること間違いなしです。

飯坂温泉の「鯖(さば)湖(こ)湯」(福島県)

飯坂温泉の「鯖(さば)湖(こ)湯」(福島県)

飯坂温泉の発祥地とされる共同浴場「鯖湖湯」。温泉街のシンボルとして地元住民や観光客に親しまれてきました。

浴舎は、ヒバ材をメインにケヤキ・ヒノキ材などを用い、贅を尽くした木造建築。湯船は御影石造りで、黒い寒水石でふちどりされた重厚な造りになっています。湯船には、45℃はある高温のアルカリ性単純温泉がかけ流しに。地元の人はこの熱い湯が自慢で、高温源泉浴の伝統的な入浴文化を今も伝えています。

法師温泉「法師之湯」(群馬県)

法師温泉「法師之湯」(群馬県)

深い山あいに湧く法師温泉でただ1軒の湯宿「長寿館」。その真骨頂は、明治28(1985)年に建てられた大浴場「法師之湯」です。

杉皮ぶきの屋根に丸太を組んで建てられた貫禄ある純和風の湯殿。それに高い天井と鹿鳴館風のアーチ型の窓が加えられ、明治時代の面影を漂わせるレトロモダンなつくりになっています。

床も湯船もすべて木造り。4分割された湯船には丸太が渡され、その底に敷き詰められた玉石の間からは、時おりポコ、ポコポコッと生まれたての湯が湧いてきます。

レトロモダンなムードが漂う浴舎の中で、自然湧出の温泉を堪能できることから、多くの温泉ファンから熱い支持を得ています。

野沢温泉の「大湯」(長野県)

野沢温泉の「大湯」(長野県)

野沢温泉のシンボルともいえる共同浴場「大湯」は、江戸時代の趣を現在に伝える美しい湯屋建築。曲線的な唐破風の屋根をもつ威風堂々たる外観が目を引きます。

浴舎の床には石板が敷かれ、高い天井や壁、湯船はすべて木造り。湯船からは、透明感のある、深く濃いグリーンの湯があふれ、「大湯」にふさわしい品格を備えています。

グルメ本で有名な「ミシュラン」の観光地版『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』では2つ星を獲得。「野沢温泉では外湯は13ある。中でも一番のおすすめは大湯。寺院にも似た美しさを誇り…。」と絶賛されています。