ご希望の温泉・スパ施設情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト温泉・スパ施設リサーチ

温泉・スパ情報

徳川将軍家御用達の温泉



熱海の湯が大変お気に入りだった江戸幕府初代将軍・徳川家康。それ以降、歴代将軍たちは、徳川将軍家御用達の温泉から江戸城へと温泉を運ばせ、温泉気分に浸っていたのです。

熱海を愛した家康

熱海を愛した家康

天下分け目の決戦、関ヶ原の戦いから4年後の慶長9(1604)年のこと。徳川家康は、2人の息子や連歌師などを引き連れて、熱海を訪れました。目的はもちろん温泉、湯治のため一週間滞在したとの記録があります。それ以前にも家康は2度程、熱海を訪れています。よほど、熱海の湯を気に入っていたのでしょう。

家康のこの湯治がきっかけとなって、庶民の間に温泉ブームが起こるのです。それが現代まで続く湯治のスタイルをもつくることになりました。

「御汲湯(おくみゆ)」の始まり

「御汲湯(おくみゆ)」の始まり

江戸時代、徳川家康をはじめ歴代の将軍は、温泉のもつパワーに魅せられたのか、おしなべて温泉好きだったようです。

しかし、将軍である以上、そうそう江戸城を離れるわけにもいきません。3代将軍・家光は熱海に御殿をつくって湯治に行く計画を立てていましたが、それは1度も叶いませんでした。そこで、温泉のお湯を樽に詰めて江戸城まで運ばせることを思いついたのです。

こうして、温泉を江戸城に献上させる「御汲湯」なる慣習が始まりました。献上元は、家康がひいきにしていた熱海温泉。もともとは、家康が、京都で病気療養中だった吉川広家のお見舞いとして熱海のお湯を樽詰にして運ばせたのが始まりだったとされています。こうして熱海は、徳川家御用達の名湯として全国に名を馳せました。

将軍家に献上する「御汲湯」

将軍家に献上する「御汲湯」

この「御汲湯」は、歴代の将軍に継承されることになり、4代将軍・家綱の時代に本格化。熱海の温泉は現在でも約90℃と非常に高温ですが、江戸城に着くころにはちょうどいい湯加減になっていたそうです。熱海から江戸城まで昼夜兼行で15時間かかったという記録が残っており、宿場ごとに交代するとはいえ、湯樽を肩にかつぎ、湯をこぼさないように慎重に運んだ人夫達の健脚ぶりには驚きます。

また、このころには、箱根温泉からもお湯が献上されるようになりました。海の熱海と山の箱根という名湯が江戸城に続々と運ばれ、歴代将軍たちはさぞ満足したことでしょう。

その後、湯樽は船で運ばれるようになり、8代将軍・吉宗の時代に最盛期を迎えました。吉宗は8年間で3,643個もの湯樽を運ばせたと伝えられています。お湯は、熱海温泉、箱根温泉に加えて、草津温泉からも献上されるようになりました。