ご希望の温泉・スパ施設情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト温泉・スパ施設リサーチ

温泉・スパ情報

登別温泉(北海道)



日本でも有数の自然湧出量を誇る登別温泉。そしてなんといっても11種類というバラエティ豊かな泉質が魅力です。そんな登別温泉の見て良し、浸って良しのあれこれをご紹介します。

地獄谷と「鬼火の路」

地獄谷と「鬼火の路」

温泉街の東側にある地獄谷。赤茶けた岩肌の山々がそそり立つ荒々しい景観は、日和山の噴火活動によってできた爆裂火口跡です。もうもうと湯けむりが上り立ち、源泉が噴気をあげて湧き出すさまは圧巻です。

そんな地獄谷へと続く「鬼火の路」は、毎年5月から11月末までライトアップを行なっています。暗闇の中にかすかに浮かぶ地獄谷は、幻想的な世界をつくり上げており、昼間とは違った感動を味わえます。

鉄泉池

地獄谷の中央に位置する直径1mほどの鉄泉池は自然間欠泉。数分間隔で噴気活動があり、あぶくを吹きながら徐々に激しさを増し、ブクブクと煮えたぎったお湯を噴出したあと、次第に静まっていく…これを繰り返しています。

シンボル鬼

シンボル鬼

登別温泉街には、地獄谷にあやかって鬼の像がいたるところに点在。無病息災・諸病平癒の願いを込めてつくられた「湯かけ鬼像」をはじめ、商売繁盛のシンボル鬼、合格祈願のシンボル鬼、恋愛成就のシンボル鬼などが、街角に立っています。どれもユニークなかわいい表情をしているので、鬼探しの散策をするのも楽しいです。

登別地獄まつり

登別地獄まつり

地獄谷には、年に一度、地獄の釜のふたが開き、閻魔大王が赤鬼・青鬼を従えて温泉街に現れるという伝説があります。

その伝説にちなみ、毎年8月の最終土・日曜日に登別温泉街で開催される「登別地獄まつり」。重さ1トンの赤鬼みこしが登場し迫力満点の「鬼みこし暴れ練り込み」、観光客も一緒になって踊りまくる「鬼踊り大群舞」、「ファイナル花火大会」など、楽しい催し物が目白押しです。

登別温泉おススメ温泉旅館

登別温泉おススメ温泉旅館

登別温泉にある旅館のうち、おススメの温泉旅館をご紹介します。

第一滝本館

江戸時代、武蔵国出身の滝本金蔵が地獄谷から源泉を引いてつくった湯宿が「第一滝本館」の前身。登別温泉の始まりでもあります。

1500坪にも及ぶ広々とした大浴場「温泉天国」には、「万病の湯」「美肌の湯」「鬼の湯」「熱の湯」「きずの湯」など総数35ものお風呂があります。登別温泉にある11の泉質のうち7種類の泉質を楽しむことができます。

祝いの宿 登別グランドホテル

昭和天皇をはじめ多くの来賓客を迎え「登別の迎賓館」といわれる「登別グランドホテル」。昭和初期の創業当時の様子を伝えるドーム型ローマ風呂はレトロな雰囲気満点。日本情緒あふれる庭園露天風呂は、香り高い檜風呂と自然あふれる岩風呂の2つ。お湯の色は乳白色ですが、天候や時間などによって色の濃淡が異なるお湯が楽しめます。