ご希望の温泉・スパ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
温泉・スパ
トップページへ戻る
トップページへ戻る

温泉・スパ情報

四国エリアの温泉



中国エリアには、かの有名な道後温泉があります。他のエリアと比べると温泉の数自体はかなり少ないのですが、弘法大師(空海)ゆかりの札所が八十八ヵ所あることもあって、弘法大師(空海)開湯伝説が驚くほど多いエリアでもあります。

そんな四国エリアの、おススメ温泉地をご紹介します。

【塩江温泉郷】高松の奥座敷(香川県)

【塩江温泉郷】高松の奥座敷(香川県)

塩江温泉は、香川県のほぼ中央部、阿讃山麓の山あい位置する自然の里です。

奈良時代に僧・行基によって発見され、その後、弘法大師がここでの湯治を人々に勧めたと伝えられています。江戸時代には湯治場として発展し、「高松の奥座敷」として知られています。

行基の湯」や「奥の湯温泉」といった立ち寄り湯が人気となっています。

塩江温泉郷「新樺川観光ホテル」

豊富な湯量と泉質の良さが自慢の新樺川観光ホテル

泉質は単純硫化水素泉で無色透明です。そのお湯に浸かると、お肌がやわらかく、つるつるになることから、「美肌づくりの湯」、「讃岐べっぴんの湯」などと呼ばれています。

【新祖谷温泉】天空露天風呂(徳島県)

【新祖谷温泉】天空露天風呂(徳島県)

徳島県の西部、祖谷渓谷にある新祖谷温泉。祖谷渓谷には、その昔、平家の落人たちが隠れ住んだという平家伝説が多く残っています。

新祖谷温泉「ホテルかずら橋」

祖谷渓谷にかかる、かずら橋近くにある一軒宿「ホテルかずら橋」。

ここは、なんとケーブルカーで登った山頂に露天風呂があり、天空露天風呂と呼ばれています。大パノラマの絶景が見渡せる中、露天風呂に浸かるという極上の贅沢が味わえます。特に今にも降ってきそうな満天の星空を眺めながらの温浴は、まさに圧巻です。

【鈍川温泉】(愛媛県)

【鈍川温泉】(愛媛県)

道後温泉、本谷温泉とともに「伊予の三湯」と言われた鈍川温泉。古くは今治藩の湯治場として栄えました。

鈍川渓谷の岩隙から湧き出すお湯は、「道後まさりのお湯が出る」と歌にも詠まれるほど、肌ざわりがよくなめらか。美肌効果が高いとされ、「美人の湯」として知られています

【あしずり温泉】四国最南端の岬に湧く(高知県)

【あしずり温泉】四国最南端の岬に湧く(高知県)

四国最南端に位置する、太平洋に突き出た足摺岬を望む「あしずり温泉」。

平安時代に弘法大師が開湯した後、疲れを癒したり、ケガを治療したりするために多くの人が利用したと伝えられています。

蒸気灘の海底から湧き出した温泉は、少量のラドンを含むため、冷え性や疲労回復に効能があると言われています。目の前に広がる雄大な太平洋や天然記念物の白山洞門を眺めながら足浴が楽しめる「万次郎足湯」が人気です。