ご希望の温泉・スパ施設情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト温泉・スパ施設リサーチ

温泉・スパ情報

中国エリアの温泉



中国エリアは他のエリアと比べると温泉が少ないエリアですが、中国山地をはさんで日本海岸・太平洋岸を中心に温泉地が点在しています。日本最古の玉造温泉や世界屈指の放射線泉で有名な三朝温泉、砂湯露天風呂で有名な湯原温泉など、特徴のある温泉地もあります。

そんな中国エリアの、おススメ温泉地をご紹介します。

【奥津温泉】津山藩主のお気に入り(岡山県)

【奥津温泉】津山藩主のお気に入り(岡山県)

奥津温泉は、中国山地の南麓を流れる吉井川河畔に湧く静かな湯の里です。

古くは戦国時代の武将や文人たちに愛され、中でも江戸時代に幾度も湯治に訪れた津山藩主は、この地に別荘を建てるほど。専用の浴室にはふだんはカギをかけさせて一般の入浴を禁じたので、この湯は「鍵湯」と呼ばれました。現在は、奥津荘の浴室になっています。

泉質はアルカリ性単純温泉で、しっとりした優しい肌ざわりです。お肌がすべすべになり、美白効果も高いことから、「美人の湯」として親しまれています。

奥津温泉「奥津荘」

昭和初期創業の老舗旅館「奥津荘」。

川底から温泉が湧き出ているところに湯船や浴室をつくったとされ、「鍵湯」や立ったまま入る「立湯」の底は、外を流れる吉井川の川底とつながっています。なんとも不思議な、自然の神秘を感じさせてくれるお風呂です。

【三朝温泉】世界屈指の放射線泉(鳥取県)

【三朝温泉】世界屈指の放射線泉(鳥取県)

高濃度のラドン含有量を誇る世界屈指の放射線泉が湧き出ている三朝温泉。

お風呂に浸かるだけでなく、吸入により温泉成分を取り入れることで、細胞が活性化するホルミシス効果がおこり、免疫力や治癒力を高めるとされています。

治療や保養目的で全国から訪れる湯治客も多く、国立病院や温泉研究所が立地するなど温泉医療のメッカとしても知られています。

ラドン熱気浴

ラドン熱気浴とは、湧き出る温泉の熱を利用した浴室に15~30分入り、低放射線のラドンを吸入するというものです。このラドン熱気浴は、公衆浴場「たまわりの湯」と岡山大学病院三朝医療センター分室で体験できます(先着順・時間指定予約制)。

【玉造温泉】「神の湯」(島根県)

【玉造温泉】「神の湯」(島根県)

玉造温泉は、大国主命とともに国造りをした少彦名命が発見したという神話が残る、日本最古の温泉です。

奈良時代の『出雲国風土記』で「出湯に一度入ると容姿が端正になり、再び入れば万病が治る。神の湯と呼ぶ」と書かれている湯は玉造温泉のこと。また、『枕草子』(平安時代)では、玉造温泉が貴族の間で評判になっているとも。古来より長きにわたって人々に愛され続けていることがわかりますね。

泉質は硫酸塩泉。透明でさらりとした肌ざわりのお湯は、「美人の湯」としても知られ、神経痛などにも効果があるとされています。

【長門湯本温泉】「神授の湯」(山口県)

【長門湯本温泉】「神授の湯」(山口県)

長門湯本温泉は、夏には源氏ボタルが飛び交う清らかな音信(おとずれ)川沿い、瑞雲山麓に広がる静かな湯の町です。竜に姿を変えた住吉大明神が飛び去った跡に、源泉が湧き出したと伝えられています。

自然湧出するアルカリ性単純泉は「神授の湯」とも言われ、とろみがあって実になめらかです。

温泉街の中央に「恩湯」「礼湯」と呼ばれる2つの泉源があり、公衆浴場としても利用されています。