ご希望の温泉・スパ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
温泉・スパ
トップページへ戻る
トップページへ戻る

温泉・スパ情報

北海道エリアの温泉



広大な自然を有する北海道は、温泉王国とも呼べるほど、個性あふれる温泉地があちこちにあります。

北海道三大温泉と呼ばれる登別温泉定山渓温泉、函館・湯の川温泉をはじめ、豊かな泉質と豊かな自然を背景に独特な特徴をもつ名湯が目白押しです。そんな北海道エリアの、おススメ温泉地をご紹介します。

【定山渓温泉】大自然に抱かれた「札幌の奥座敷」

【定山渓温泉】大自然に抱かれた「札幌の奥座敷」

定山渓温泉(じょうざんけいおんせん)は、札幌から1時間足らずの場所でありながらも、原生林に囲まれた緑豊かな温泉地です。温泉の開祖ともいわれる修行僧・定山が明治時代末期に発見し、自ら温泉場を開いたのが始まりとされています。

ほんのり黄緑がかった透明なお湯は、ナトリウム塩化物泉。入浴するとからだに塩分が付着して汗の蒸発を防ぐため、からだの芯からポカポカ温まります。

【十勝川温泉】世界でも珍しい植物性モール温泉

【十勝川温泉】世界でも珍しい植物性モール温泉

帯広市の郊外にある十勝川温泉は、世界でも珍しい植物性モール温泉です。

モール温泉は、太古の植物が膨大な堆積物となり地熱で温められて発酵した温泉です。天然保湿成分を多く含むため、美肌効果が高く、「美人の湯」として親しまれています。やや茶褐色のお湯はとてもまろやかで、入浴後も保湿感、うるおい感たっぷりで、まるで天然の化粧水のようです。

【十勝岳温泉】大パノラマが迫り来る雲上の温泉

【十勝岳温泉】大パノラマが迫り来る雲上の温泉

十勝岳温泉は、十勝岳中腹にある道内で最も高所に湧く雲上の温泉です。

十勝岳温泉「湯元 凌雲閣」

岩壁をそのまま利用して山の斜面にしつらえられた湯元凌雲閣の露天風呂。そそり立つ十勝連峰の山々が眼前に迫り、湯船に浸りながら見る大パノラマは圧巻です。

茶褐色のカルシウム・ナトリウム硫酸塩泉と無色透明の酸性泉の2種類の泉質が楽しめます。

【旭岳温泉】湯量豊富な5種類の源泉を満喫

【旭岳温泉】湯量豊富な5種類の源泉を満喫

大雪山の主峰であり、今も噴煙を上げる旭岳山麓にある旭岳温泉。宿泊者は天人峡温泉と共通の温泉手形で、3か所の湯めぐりを楽しむことができます。

旭岳温泉「湯元湧(ゆ)駒(こまん)荘(そう)」

旭岳温泉元祖の湯元湧駒荘。マグネシウムを含む正苦味泉、カルシウムを含む石膏泉、鉄を含む明礬泉(みょうばんせん)、炭酸水素塩泉など、バラエティに富んだ5種類の源泉が満喫できます。特に、正苦味泉は日本でも数少ない名湯中の名湯です。

岩風呂は裏山の岩をそのまま浴室に組み込こんでつくられ、木造りの湯船はすべて、北海道産のカラ松、トド松、シコロの分厚い木材を使用。床には大雪山の鉄平石が敷き詰められ、湯船からあふれ出た温泉成分が付着して、オレンジや茶色、黄色、緑色に変色しています。

【天人峡温泉】断崖絶壁を眺望する黄金色に輝く名湯

【天人峡温泉】断崖絶壁を眺望する黄金色に輝く名湯

旭岳山麓に位置し、荒々しい断崖がそそり立つ深い渓谷に湧く天人峡温泉。

泉質は、ナトリウム・カルシウム・マグネシウム―硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉の濃厚なお湯です。湧出時は無色透明で、空気に触れると黄金色に輝きます。

天人峡温泉「天人閣」

天人峡の自然と同じく、天人閣も野趣たっぷりです。岩風呂の壁面は、なんと岩盤そのままが使われ、大小の石が積層した岩塊と黒々とした岩肌は迫力ものです。

大きな岩をめぐらした露天風呂のすぐ前は忠別川。見上げれば荒々しい断崖が迫り、下からは川の激流の立てる川音が…川の霧と湯けむりがひとつになって上るさまは、仙境の趣です。