ご希望の温泉・スパ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト温泉・スパリサーチ
温泉・スパ
トップページへ戻る
トップページへ戻る

温泉・スパ情報

温泉の適応症・禁忌症



温泉は、正しく利用すればその刺激によってからだの様々な機能が調整され、自然治癒力が高まるなどの効果を発揮します。逆に、温泉の刺激に耐えうる体力をもっていない場合には、かえって体力を消耗させ、病気を悪化させる原因になってしまうこともあるので注意が必要です。

温泉の適応症

温泉の適応症

適応症とは、温泉療法に適した、改善が期待される疾患のことです。1回の入浴でも効果がある、というわけではありません。

温泉の一般的適応症は、泉質名のつく温泉(療養泉)すべてに共通する効能です。温泉のもつ温熱作用や浮力、水圧などの物理的作用によるものが挙げられており、含有成分の少ない単純温泉などにおいても効果が期待されるものです。

一般的な適応症(単純温泉 入浴)
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進 
泉質別適応症
その泉質独特の効能で、以下の通り。
泉質 入浴による適応症 飲泉による適応症
塩化物泉 切り傷、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病 慢性消化器病、慢性便秘
炭酸水素塩泉 切り傷、やけど、慢性皮膚病 慢性消化器病、糖尿病、痛風、肝臓病
硫酸塩泉 動脈硬化症、切り傷、やけど、慢性皮膚病 慢性胆嚢炎、胆石症、慢性便秘、肥満症、糖尿病、痛風
二酸化炭素泉 高血圧症、動脈硬化症、切り傷、やけど 慢性消化器病、慢性便秘
含鉄泉 月経障害 貧血
硫黄泉 慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷、糖尿病、硫化水素型は他に高血圧症、動脈硬化症 糖尿病、痛風、便秘
酸性泉 慢性皮膚病 慢性消化器病
放射能泉 通風、動脈硬化症、高血圧症、慢性胆嚢炎、胆石症、慢性皮膚病、慢性婦人病 痛風、慢性消化器病、慢性胆嚢炎、胆石症、神経痛、筋肉痛、関節痛

温泉の禁忌症

温泉の禁忌症

禁忌症とは、温泉療法を行なうことによって悪化するおそれがある疾患のことです。

各温泉施設に掲示されている「温泉分析書」において、温泉を控えた方がいい人の目安として「禁忌症」を表示することが義務付けられています。効能のある温泉ほど利用法を間違えると、からだにとって毒になってしまうため、禁忌症についてはしっかりチェックしましょう。

一般的な禁忌症(浴用)
急性疾患(特に熱のある場合)、腎不全、活動性の結核、出血性疾患、悪性腫瘍、高度の貧血、重い心臓病、呼吸不全、その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(特に初期と末期)

泉質別禁忌症

入浴禁忌症

硫黄泉
皮膚、粘膜の過敏な人、特に光線過敏症の人、硫化水素型は高齢者の皮膚乾燥症
酸性泉
硫黄泉に準ずる

飲泉禁忌症

塩化物泉
腎臓病、高血圧症、その他一般的にむくみのあるもの、甲状腺機能亢進症のときはヨウ素を含有する温泉を禁忌とする
炭酸水素塩泉
ナトリウム-炭酸水素塩泉は塩化物泉に準ずる
硫酸塩泉
下痢の時、ナトリウム-硫酸塩泉は塩化物泉に準ずる
二酸化炭素泉
下痢の時
硫黄泉
下痢の時